ドーなってるの?学校裏サイト

ドーなってるの?学校裏サイト

HOME / ネットの落とし穴 / チャット

チャット

学校裏サイトには、チャットを設置しているサイトもあります。もちろんそれ以外でもチャットは数多く存在しています。楽しく会話を楽しむにはいいのですが、不特定多数がロム(閲覧)できるものですので、誰かの悪口などはやめましょう。

チャットでの匿名性

チャットをしたことのある人も多いでしょう。掲示板の書きこみとは違い、発言したことがリアルタイムで更新され、2人〜数人で会話を楽しむものです。

チャットでは、HN(ハンドルネーム)を使い、本名を明かす人は少ないでしょう。ここでも学校裏サイトなどで使われている掲示板同様、匿名性が出てきます。

自分の名前を明かさないで、好きなニックネームを名乗ればいいのですから、例え自分が男でも、声が聞こえるわけではありませんので、女のフリ(ネカマ)をして会話することもできるのです。

チャットの機能

様々な機能を備えたチャットがあります。ただ会話するだけのチャットから、数人で会話しながらも、特定の人にあてた個別送信機能がついているものまであります。

個別送信機能とは、数人で会話中に、指定した人にだけ話しかけられるという機能で、その発言は話しかけた人にしか見えないようになっています。ですから、数人で会話していても、その中の一人をターゲットとして、陰では個別送信で悪口を言っているということも起こります。

以前自分がやっていたチャットにもそのような機能がついていて、数人で会話しているのに、誰か気に入らない人が来ると、表では仲がよさそうに会話していても、個別送信で『あいつ気に入らない』『バカなことばっかり言ってる』『キモイ』『ウザイ』などの発言があり、気分のいいものではありませんでした。

リアルタイムで発言の更新

リアルタイムで発言の更新

掲示板の書き込みとは違い、発言したことがリアルタイムで更新されるので、インターネット上でスムーズに会話をすることができます。

掲示板で誹謗中傷などが合った場合、いつまでもその書きこみがあると、不特定多数の人に見られてしまう可能性もあり、管理人に削除依頼をしなければいけません。

しかし、その削除依頼も迅速に対応してもらえるとは限らないのです。仮にチャットで同じようなことが起こっても、ログを流すこともできますので、荒れてくるような雰囲気になったら話題を変え、普通の会話の発言をすることによってログを流すことができます。

デメリット

もし荒らし行為をされて、自分が攻撃されてしまった場合、相手にしないことが一番です。チャットはリアルタイムで更新されるため、攻撃されて頭にくると、ついつい反撃してしまいがちですが、それでは火に油を注ぐようなものです。いつまでたってもヒートアップして終わらないでしょう。

相手の顔が見えないだけで、リアルタイムでケンカをしているのと同じことですから、対面でケンカをするよりも収拾がつかなくなりますし、一緒にチャットをしている人にも迷惑をかけてしまいます。また、一緒に会話を楽しんでいる人以外の人にも、会話が除かれていると言ったデメリットもあります。

ロムっている(閲覧)だけの人もいる可能性があるので、安易な発言をしないようにしましょう。また、上記にも説明したように、本当は男性なのに、女性のフリをしている人も中にはいるようです。女の子と仲良くなって個人情報を聞き出し、ネット犯罪へとつながる可能性もありますので、チャットで知り合った人には個人情報を安易に教えないようにしなければいけません。

できればネットで知り合った人はネットだけのつきあいがいいのですが、オフ会などと称して集まる場合もあるでしょう。そんなときは二人では会わず、必ず複数で会うようにしましょう。

ページの先頭へ