ドーなってるの?学校裏サイト

ドーなってるの?学校裏サイト

HOME / ネットの落とし穴 / ネット犯罪

ネット犯罪

学校裏サイトの掲示板に書かれた誹謗中傷をいじめとして、なんと、警察が事件として立件し、男子中学生を中傷した女子生徒が、侮辱の非行事実で家庭裁判所に装置されました。

インターネット関連のサイバー犯罪は、年々増加の傾向にあり、中でも学校裏サイトの掲示板での名誉毀損に関する相談が2008年には過去最高の件数になっています。

書き込みが原因のトラブル

書き込みが原因のトラブル

学校裏サイトの書きこみが原因でトラブルが起きることも、実際にあります。ふとした内容がきっかけとなり、言い争いになったり、一方的な誹謗中傷に発展することもあります。

中傷ばかりではなく、フルネームや電話番号、アドレスを勝手に晒し、住んでいる住所まで晒すとなると、ここまでくると犯罪です。やりすぎです。

書き込んでいる者が特定できないから大丈夫と思っていませんか? これまで掲示板に爆破予告や人を刺すなどと書き込みをして、逮捕された人が何人もいましたね。その多くは学生でした。

まさか捕まると思っていなかったと言っていました。掲示板に度を越した書き込みをすれば捕まります。 当然です。気軽に書き込める掲示板ですが、踏み入れてはいけない領域もあるのです。

掲示板から逮捕者まで

掲示板から逮捕者まで

学校裏サイトの掲示板で、校長先生の実名を出して『ころす』と書き込んだ、高校1年生の男子生徒が、脅迫の容疑で逮捕されたことがあります。

愚痴のつもりで書き込んだのかもしれませんが、こうした書きこみに、警察も敏感になっています。事件を起こしそうな書きこみを通報する、専用のサイトまであるのです。

そのサイトから、事件を起こす可能性のある書きこみが、警察に通報され、実際逮捕者も出ています。これまでで、掲示板の書き込みが原因で、小学生も補導されています。

まさか自分が

気軽に掲示板に書きこみ、逮捕されたときには『まさか本当に逮捕されるなんて』と、誰もが思っているようです。学校裏サイトでの中傷の書き込みの場合、警察が絡んで書き込んだ人物が特定されても、ほとんどの場合が本人と学校や先生、両親などに任せて警察はとりあえず一時介入しない形をとっているようです。

ページの先頭へ

PCと携帯電話の違い

携帯電話

PCと携帯電話、どちらもインターネットができますが、決定的な違いはどこなのでしょうか。PCだと画面も大きくて、見やすいと思うのですが、なぜ子供達はPCではなく、携帯電話なのでしょうか。

それはやはり『いつでもどこでもインターネットができる』からではないでしょうか。PCを立ち上げるよりも、携帯電話を開いた方が、確かに早いです。画面は小さいですが、場所を選びません。自分が見たいと思ったときに見られるのです。(もちろんマナーは守らなければいけません)

また、PCだと自分専用ではなく、家族で共用していることも多いので、見たいサイトが見られないという事情もあるのでしょう。その点、携帯電話だと自分の部屋からでもインターネットにアクセスできます。学校裏サイトに携帯専用サイトが多いのも、そんな背景があるからなのかもしれません。

携帯電話からインターネットにアクセスすると、どんなサイトを見ているのか保護者には把握できません。普段から親子の会話を増やし、どんなサイトを見ているのか、会話の中でさりげなく聞いておくことも大切です。我が家のように、一緒になって見ていれば少しは安心かもしれません。

子供の携帯電話の使い方を把握しておくことで、ネット犯罪に巻き込まれることも、当事者になることも回避できるのではないでしょうか。まずはフィルタリングをかけて、少なくとも、出会い系サイトなどにはアクセスできないようにしておかなければいけません。

ページの先頭へ